お宮参りと七五三

日本では赤ん坊の進化を祝って、お宮参りという七五三が行われます。
ただ、そのいわれやお決まりなどは若々しいアベックにはわからないことばかりでしょう。
つまり、ぜんぜん考えていないと言うことだ。
それがいいことなのか悪いことなのかはわかりません。
ただ、今の日本がそのような状況における所作だけは確かです。
ここで考えなければならないのはインターネットで検索するとお宮参りや七五三の説がたくさん起こることです。
父母よりも、衣裳のレンタル業者や神社の方が細かい状況があります。
自分にはよくわからないけれど、身近から言われたので七五三の歓喜をしているという状況になるのです。
先祖、おばあさんはわかっているかもしれませんが、赤ん坊の歓喜をするのは父母だ。
男児なら羽織袴の衣裳、マミーなら振袖と決まっていた日本の仕来りですが、今は両親の思いだけで決められてしまう。
果たして日本は不思議な世界中だ。
よその国のいいところを取り入れて、自国を変えていくのです。
節操がないと言ってしまえば、それまででしょうが、それは日本の良さって見るべきでしょう。
お宮参りは赤ん坊が日日本晴れの時ですし、七五三は男児が五歳といった七歳になるタイミングだ。
それ以外は祝う必要はありませんが、姉妹が祝ってもらうと皆さんたちも祝いたくなるのです。
家族で記念撮影をする時折みんなでよそ行きの顔付きをください。
それが後々はいいメモになるのです。
それが七五三の本当のうま味なのかもしれません。ミュゼ香林坊のスピーディ脱毛で次の予約もスムーズに!